美人女優の美容法&ダイエット法

美人女優が実践する美容法・ダイエット法・愛用品など女優別美容情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

深田恭子

深田恭子さんの大人可愛いメイク法や美肌の秘訣2019年

デビュー当時から変わらない圧倒的な可愛さでインスタでも超人気の深田恭子さん。実は「これで大丈夫かなと何をするにも考える。だから迷いなく生きる人に憧れる。」と語るほどの慎重派。
そんな彼女がこれまで培ってきた、自分を美しく見せる方法や大人のメイク法など、きれいで可愛い大人になる方法をご紹介。

深田恭子さんが語る大人可愛いメイクの仕方 2019年

 

大人になると、顔の目から下が長くなる。だから下まぶたの目尻よりラインを引くと若々しく、優しく見える。

 

全力でメイクをすると年齢より年上に見えると気づいてから、メイクを引き算するようになった。特にベースメイクが濃くなると、笑うと目尻や目の下にシワが入るので、この部分は極力ファンデーションや粉を薄くする。メイクがもの足りないと感じたら、少量のオイルを前髪につけると、ツヤが出るし顔立ちがハッキリする。

 

普段のメイクは10分ほどで、ベースメイク後に目の下にチークをのせそのチークをまぶたにも塗る。アイライナーは黒ではなく、最近は茶色が好き。リップは濃いめをポンポンとのせるだけ。

※深田恭子さんのように独自のメイク理論やこだわりがある女優は多い。
石原さとみ
さんは「顔をどの角度から見られても涼しい肌に見えるように、下地は生え際まできちんと塗る。」「眉をナチュラルにするには、眉を下に下げるようにとかすこと。ボサッと柔らかい印象になり、最後に足りない部分を足すだけ。色は馴染みやすくて強さも出るグレーで描く。」「唇が映えるように、口の周りも丁寧にファンデーションを塗るのもこだわり。」
北川景子さんは「眉がボサボサに見えないよう、ヘアスプレーをスクリューブラシに吹きつけて眉をとかし、毛流れをかためる。」「硬い肌に見えるのでハイライトは使わない。」「きつい顔に見えるので、目の下側のアイラインは絶対に入れない。」

 

 

 

深田恭子さんの美容法・36才大人の美しさの秘密 2019年

 

「女性の美しさは背中に表れる。運動は苦手で月に1回程度、樫木裕美先生のパーソナルトレーニングに通っている。その時の身体の状態でメニューは違うが、鍛えるというより体を整えるという感じ。

※深田恭子さん以外にもトレーニングに通っている芸能人は多い。
女優に人気なのがスタジオボディデザインで、菜々緒・観月ありさ・常盤貴子・藤原紀香・マギー・筧美和子・小嶋陽菜・高橋愛さんなどが通う。
e-stretchには泉里香・篠原愛さん。今人気のBOSTY佐野ひなこ・三吉彩花・ダレノガレ明美・藤田ニコルさんなど。(健康的で美しい美ボディを目指すなら”BOSTY”)

 

お風呂上りは真っ先に化粧水をつける。スキンケアは保湿が大事。とにかく肌が乾いたらダメ。ドラマ撮影中に肌の乾燥が気になる時は、撮影の合間にメイクオフしてから保湿する。

※深田恭子さんの美肌の秘訣 保湿倉科カナさんも重視している。「保湿のために化粧水や乳液を家の至る所に置き、こまめに肌ケア。」とコメント。
大政絢さんは「お風呂に長く浸かる時は、肌を乾燥させないように顔にオイルを塗る。」と語っている。

 

 


【合わせて読みたい人気記事】
深田恭子さんの30代のダイエット法
深田恭子さんの愛用美肌コスメ
戸田恵梨香さんのきれいの秘密とは?

 

 

 

深田恭子さんのダイエット!30代の今の身体が一番好き

男女問わず可愛さとスタイルの良さで大人気の深田恭子さん。彼女の美しい体型をキープする方法とは?2019~2017年

深田恭子さんのダイエット法 体型維持術

 

30代に入ってから、特に32歳でサーフィンの写真集を出した時は腹筋をつけた。でもストイックにトレーニングを頑張るような性格ではないし、普段は規則正しい生活はしていない。ただ撮影の時期に入ると準備中から規則正しい生活をする。

 

何年も前から樫木裕実先生のパーソナルトレーニングを受けている。写真集の撮影のために水着でトレーニングをした。水着だと緊張感が出る。写真集撮影の2か月前から気持ちを追い込み、食事での追い込みは1か月前から実践して、写真集に臨んだ。

 

年齢的に昔と同じことをしても体型維持は難しい。走ったり歩いたりする。

 

炭水化物を抜くダイエットは向いてない。食事を楽しむことが大事。食べすぎるのはだめだが、ダイエットを意識しすぎるとストレスになる。

 

とにかく冷えないようにして、撮影中のスタジオでも寒さは我慢しない。ブランケットを巻いたり、空調を調節してもらう。なるべく温かいものを口にするように心がけている。

 

スタイルを維持するためにルームランナーで走っている。あくまで無理のない範囲で25分を目安にランニング。運動は最低週に2回、理想は3、4回。年齢的にも必要最低限の運動はすべきと思った。

 

トレーニングマシーンを使って、代謝があがる20分を越えた25分以上をめどに毎日走っている。もともと夏でも冷えやすい体質で、冬は水筒で持参したスープを飲んで温まるほどだったが、ただ走っているだけでもロケ中でも足が冷えなかったりする。今までは運動に対して、続けられなかった時にストレスになるかなと考え、運動習慣をあまり作りたくなかった。でも今は運動できていることで気持ち的にも晴れ晴れして、いろんな面で良い効果を感じている。

 

走る習慣を続けてしなやかな筋肉をつけたい。理想は締まっているのに女性らしい体。走ると二の腕の肉も落ちると聞いたので、思いっきり手を振っても揺れない二の腕になりたい。

 

今年35歳になるが、やはり体の変化は感じる。以前ならすぐにダイエットできたはずなのに、短期間では変化が出なくなってきた。30歳の時も変わったと思ったが、今ははっきり感じる。健康的な食事・ビタミンを摂るというように、当たり前にやるべき多くのことがボディにつながってくる気がする。この先何もしないと代謝は落ちていく一方。ちゃんと基礎代謝をあげて多少食べすぎた日があっても、楽に戻せる体を目指していきたい。

※深田恭子さんのようにスタイルキープのために走っている女優は北川景子・ローラ・土屋太鳳・観月ありさ・水野真紀・絵美里さんなど多数。高梨臨さんは「ランニングが大好き!8~9キロを1時間で走る。ランニングは美容法であり体型維持になる。」とコメントしています。

 

 


美人女優TOP→佐々木希・高畑充希さんなど美人女優の美容法&ダイエット法

【合わせて読みたい人気記事】
深田恭子さん30代美肌のルール
山本舞香さんの美容法&ダイエット法
広瀬アリスさんの美容法&ダイエット法

 

 

深田恭子さん30代美肌ルールの秘密

深田恭子さんが続けている美容法やメイク法をご紹介!ドーリーフェイスの深キョンメイクから、ありのままの素を活かした誰もが憧れる大人のメイクへ。今、深田恭子さんがきれいでいるために意識していることとは?2018・2017年

深田恭子さんスキンケア法&美容法

 

年ととることでの変化は人それぞれ。肌をマットにはせず引き算をしてみたり、肌に合うピンク色も変わってくる。他人と比べても仕方ないので、自分に合った方法で健康を1番に考えている。健康が美容に繋がると思う。髪型も今の自分に合うように美容師さんが少しずつ変えてくれている。その年齢に似合う自分でいたい。

 

年齢的に肌の潤いはとても大事。肌にはもう潤いしか与えていない。夏であれば保湿とビタミンが大切。サーフィンをする時期は顔に使っている化粧水と乳液を体にも愛用する。乾燥肌なので肌が乾いたままにしないよう意識している。仕事の休憩中に肌をきちんと保湿してから、ファンデーションを塗りなおしたりする。一度乾燥してしまうと肌のツヤは戻らない。いつも持ち歩くお守りクリームがある。

 

肌は保湿が大事。できるだけ肌をこすらないように気をつける。忙しいので休日はたっぷり肌ケアする。ハマっている美容法は料理の作り置き。作り置きすればいろんな食材をバランスよく食べられる。食事は美容と健康に繫がる。

 

肌ケアはその日の肌状態に合わせて、お手入れ方法を変える。スキンケアには時間をかけないタイプで、化粧水もパッパッとつけてしまう。でも肌が乾燥している時は化粧水を何回もつけ、クリームを何度か重ねることも。肌ケアのコツは少し時間をおいてから重ねること。プロのメンテナンスを受けることも大事。肌の血色が良くなってすっきりするし、肌の状態を知ることができる。

 

メイクを落とした瞬間が好き。スキンケアも大好きで、化粧水や美容液・クリームなど保湿アイテムを持ち歩く。少しでも肌が乾燥すると保湿する。

 

透明感とは体温だと思う。身体を温めて体温をあげると透明感に繋がる。とても乾燥肌なので、スキンケアの基本は保湿。メイクをしている時でもアイクリームなどの保湿コスメはお守りとして持ち歩く。

 

休日は出かける時以外はすっぴん。肌を休めてこまめに保湿して潤わせている。少しでも肌が乾いたなと思ったら、すぐにクリームを塗るのが幸せ。

 

特に冬は保湿をすることと体温を上げることが大事。でも長湯ができない。体温を上げるためにまたランニングを再開する。

 

 


「可愛さは透明感と血色感の絶妙なさじ加減で生まれる」と語る深田恭子さん!30代半ばの今 超可愛いと再ブレークしている秘密をご紹介しました。

【合わせて読みたい人気記事】
深田恭子さん愛用スキンケアコスメ
内山理名さんの美容法や健康法
福原遥さんの美容法や愛用コスメ

 

 

深田恭子さんメイク法・愛用メイクコスメ

深田恭子さんこだわりのメーク法をご紹介!2018・2017年 深キョン顔になれる!?

 

深田恭子さんメイクの仕方 大人かわいい顔2018年

 

昔好きだった長いアイラインはナチュラルでないと思えてきた。アイラインを長くする時はマスカラをしないなど、メイクバランスが大事。20代は目もとバッチリで、チークやリップもハッキリしたメイクが好きだったが、今は盛ったフルメイクではなく、足りないくらいがちょうど良いと感じる。しっかりメイクした方が老けて見えるし、時間がなくて最小限のメイクしかしなかった時の方が気に入ったりする。

 

プライベートではツヤ肌を意識したメイクが好き。

 

引きで全身を鏡で見て、トータルバランスを確認して色々調整する。メイクと髪・服すべてのバランスが重要。可愛さは透明感と血色感の絶妙なさじ加減で生まれると思う。だからメイクではナチュラルで抜け感あるツヤ肌と、盛りすぎないチークを意識している。

 

毎日メイクは違う。あえてメイクを途中で終わらせたり、マスカラをしなかったり。暑い日は肌のツヤを生かしたメイクに、湿気が多い日はマットにしたり。

 

メイクは早い。メイクは細かい部分にこだわるより、全体のバランスや雰囲気が大事。昔は時間をかけてメイクしていたが、今はメイクしすぎないほうが良いと思っている。きちんと口紅をつけたら、その分どこかヌケを作る。目元も唇もメイクの主張が強いと重すぎるので、どちらかにポイントを置く。髪型や顔の造作などで甘めになりがちなので、メークの色で甘辛のバランスをとる。一番大事にしているのは、その日の肌状態にあったメイクをすること。肌が乾燥している日は血色が良く見えるメイク。肌状態や洋服・髪型やTPOなど、すべてのバランスでメイクを決める。

 

明るいイメージに仕上げたい時は、オレンジみのあるルージュを使う。女の子っぽくしたい日は、頬の高い位置に微粒子のキラキラパウダーをつける。アイブローはブラウン。眉のすき間を埋める程度に、今ある眉を整えるくらいに軽く眉を描く。眉尻は長く描くと大人っぽくなりすぎるので短めに。

 

 

 

深田恭子さんのメイク術・愛用メイクアイテム

 

定番のメイクなど決まったものはない。一番大事にしているのはその日の肌に合ったメイク。肌が乾燥している日は血色がよく見えるメイクをする。肌の状態や髪型・ファッションやTPOなど、すべてのバランスを考えてメイクをする。メイクの中でもツヤが大事。

 

目元のメイクは赤みのあるブラウンカラーを使うと自然でニュアンスのある影が出る。アイホール全体には薄いブラウン(メナード ジュピエル アイカラー 43F)を、二重の幅には濃いブラウン(メナード ジュピエル アイカラー 57G)をのせてグラデーションを作る。下まぶたの目頭から黒目の外側まで淡いベージュ(メナード ジュピエル アイカラー N51F)をのせる。

 

ベースメイクはジュピエル メイクアップベース(しっとり)リクイドファンデーションフェイスパウダー ナチュラルを愛用。ファンデーションはごく薄く、リキッドタイプを小豆粒程度を手のひらに出して色ムラが気になる部分に最初にのせる。指に残ったもので他の部分をつける程度。ファンデはそれ以上は足さずに、足りないと思うくらいが丁度良い。

 

チークは色をのせる位置が重要。チークの塗り方は顔の中心に十字の線を引いたとしたら、その横線上にチークをのせる。のせる位置が顔の中心寄りだと可愛らしい感じで外側寄りだと大人っぽい感じ。

 

唇は肌のツヤに合わせて、健康的なツヤをプラスする。口紅の塗り方は決まっていないが、元の唇の色を1・2トーン上げてくれる口紅をつける。その後あまり色を足さずツヤを与えるグロスを重ね塗り。

 

 


合わせて読みたい人気女優
深田恭子さん30代の美肌のルール
佐々木希さん美容法&ダイエット法
大政絢さんボディケア法

 

 

深田恭子さん愛用スキンケアコスメ

深田恭子さんがずっと愛用しているスキンケア化粧品をご紹介!2018年

 

深田恭子さんの美肌を保つ愛用コスメ

 

メナードはライン使いして、肌の保湿を大事にする。メナード イルネージュ ウォッシングリフレッシュマッサージローションミルククリームなどを愛用。

 

メイクをイメージ通りに仕上げるためには肌が乾燥していてはだめ。美容液のようなコクのあるメナード イルネージュ ローションでたっぷり水分補給する。ツヤ肌のためにはメイク前のスキンケアで土台と作ることが重要。

 

 

深田恭子さん愛用メナード化粧品

深田恭子さん愛用メナード イルネージュ
メナード イルネージュ ウォッシング
汚れをきちんと落とすのに、しっとり洗い上げる洗顔クリーム。

 


メナード イルネージュ リフレッシュマッサージ
クレンジングクリームとしても使えるマッサージクリーム。

 


メナード イルネージュ ローション
美容液のようなコクで、ふっくらとしたうるおいとハリのある肌に。

 

 


美人女優TOP→大政絢・戸田恵梨香さんなど美人女優の美容法&ダイエット法

【合わせて読みたい人気記事】
深田恭子さん愛用メイクコスメ
深田恭子さんのダイエット
水川あさみさんの美容法&ダイエット法

 

 

美人芸能人に大人気の美顔器レベルのドライヤー

君島十和子・紗栄子・榮倉奈々・田中みな実さんも愛用の大人気ヘアビューザーの最新版!
乾かすだけで髪を潤わせながら髪質を改善し、顔のリフトアップまで働きかけるすごいドライヤー!使えば使うほどきれいになると大人気。

ヘアビューロン使用感想
ヘアビューザーの進化版!レプロナイザー3Dプラス使用感想

榮倉奈々・紗栄子・モデル鈴木えみさんはヘアビューザーエクセレミアム。中山美穂・早見あかり・芦名星・はるな愛さんはヘアビューザーエクセレミアム 2D PLUS プロフェッショナル。
君島十和子さんはリュミエリーナ ヘアビューロン カール。大人気美容家の神崎恵さんは、リュミエリーナ ヘアビューロンカールとストレートの2本使いです。

 

 



・最新情報→深田恭子の美容法&ダイエット法TOP
・美人女優TOP→大政絢・川口春奈さんなど美人女優の美容法&ダイエット法
・女優の更新情報→総合TOP 女優の美容法&健康法 知恵袋

 

 

過去情報は↓をご覧ください。

 

 

ずっときれいな深田恭子さんが実践する食生活

深田恭子さんのインナービューティーとは?どんな食事をしているの?2017年

深田恭子さんを作る食事・食べているもの

 

お米が大好きで、本当に好きなものは我慢しない。以前はお米を夜は食べないなど時々食事制限をしていたが、今は早めの夜ならお米を食べている。食事を我慢するとストレスの反動で余計に食べてしまうと思う。

 

撮影が続いたりした時など仕事に合わせて、炭水化物を減らすなどの食事の調整をしている。仕事の時は炭水化物を食べ過ぎると集中力が欠けるので控えるが、逆にハードなドラマ撮影では炭水化物を食べないともたない。

 

普段から食事の時間に食べたいと思わなかったら、無理に食べないというのが食事のルール。身体が食べ物を欲する時に欲しい量だけ食べることが大切。

 

得意料理はサラダ。たくさん食べることが好き。肉も魚も食べるが、たくさんの野菜をスライサーで細かくしたサラダを作ることが多い。

 

仕事が終わって家に帰宅したら、すぐに食べられるものを作り置きするのにハマっている。トマトのピクルス・セロリの浅漬けなどの常備菜など。つまみながら料理が作れると、いきなり食事をしてたくさん食べるよりも良い。冷蔵庫に常備菜などが入った色んなタッパーが並んでいると嬉しい。

 

スーパーの旬の食材コーナーでしか買い物をしないくらい、旬のものを食べている。コールドプレスジュースを愛飲している。

 

 


合わせて読みたい人気記事
高梨臨さんの美容法や運動法
前田敦子さんのダイエット法
高畑充希さんの美容法や健康法

 

 

コラーゲン一番絞りの最先端美容ドリンク使用感想

肌と髪にツヤが!この効果を一番感じました。
富士フイルムの最先端テクノロジーで世界最高基準の高純度にこだわった、高品質コラーゲン一番搾りの美容ドリンク!

アスタリフトコラーゲンドリンク
アスタリフト コラーゲンドリンク口コミ使用感想
摂取したコラーゲンを効率的に身体に取り組むよう考えられたものなので、効果が実感しやすい作り初回限定10本半額で送料無料はとってもお得。
コスパはとても良いと思います。他のコラーゲンドリンクと比べても効果が実感しやすいですね。

 

 



最新情報→ 深田恭子の美容法&ダイエット法TOP
佐々木希・木村文乃さんなど美人女優の美容法&ダイエット法
女優の更新情報→女優の美容法&健康法 知恵袋 総合TOP

 

 

過去情報は↓をご覧ください

 

 

2016年の深田恭子さん健康法&美容法

アラサーの深田恭子さんがずっときれいな理由!2016年の彼女の美容法や健康法をまとめました。

 

去年から体型維持のために時々ジュースクレンズをしている。ドラマの撮影中は満腹まで食べると、集中力がなくなったりするのでクレンズが合っている。

 

むくみなど身体の変化に気づいたら、そうなった理由を考えるのが好き。前日の水分量や食べたものから推測して、昨日は水分を多く摂り過ぎたから今日むくんでいるなど、理由を考えるくらい健康マニア。

 

カメラの前だと緊張して自分で身体を固くしてしまうので、肩こりが気になる。仕事の合間に肩や腕のストレッチをする。

 

食生活はヘルシーな和食。酵素玄米を食べている。美味しすぎて6日間発酵させる前に食べてしまう。毎日欠かさず料理を作る。撮影期間でも料理だけは苦ではない。仕事が終わって家に帰ったら、翌朝食べるためのスープや酵素玄米おにぎりを作っておく。

酵素玄米とは?

玄米を小豆と炊き、3日以上保温して寝かせたもののこと。寝かせ玄米とも言われ、健康志向の芸能人に酵素玄米を絶賛する人が特に多い。石原さとみ・中谷美紀・吉瀬美智子・優木まおみ・長澤まさみ・篠原涼子・深田恭子・有村架純・トリンドル玲奈・ローラさんも実践。

真鍋かをりさん愛用の生きている玄米玄米酵素ブレンド(酵素玄米専用の雑穀ブレンド)もお薦め。

酵素玄米
酵素玄米の作り方

 

食事はその季節にとれる野菜や魚、イベントにちなんだ旬のものを食べるのが好き。食材の旬を食べることで好き嫌いがなくなったし、心も体もヘルシーになる気がする。ボディケアはお風呂で軽くマッサージするくらい。

 

至近距離で見られることはあまりないので、メイクは薄いかなと思うぐらいの方が素肌感や透明感をいかせる。美肌メイクは引き算が大事。昔は自分の顔を正面からしか見ていなかったが、自分の目の形を生かすようにアイラインははっきり区切るように描かない。自然に馴染ませる。

 

スキンケアが大好きで、暇さえあれば保湿している。肌調子が良くないと気分も落ち込む。メイクしない日は保湿クリームを持ち歩き、1日に何度もクリームで保湿するのが習慣。美容のためにgood juiceのクレンズジュース(※good juice クレンズ)を飲む。撮影中もたまにジュースクレンズの日を作る。顔がぎゅっと小さくなっていく気がする。

 

30才を超えて特に思うのは美に睡眠は欠かせないということ。頭もすっきりしてポジティブになれる。仕事の前日はとにかく早く寝ることを考える。夜9時にはベットに入る。

 

特別なケアより自分の手で毎日保湿することが大事。出かけるとき以外ノーメイク。1日何回も洗面所を通るたびに化粧水・美容液・クリームを塗っている。それ以外は特別なケアはしていない。

 

 


最新情報→深田恭子の美容法&ダイエット法

 

 

 

2015年 深田恭子さんがコメントした美容情報

深田恭子さんが2015年にコメントした愛用スキンケアコスメやヘアケア・ダイエット法などの美容に役立つ情報を集めました。

 

深田恭子さんきれい情報まとめ

 

乾燥肌なので、毎日のスキンケアのお手入れはきちんとする。メナード イルネージュ ローションやメナード イルネージュ ミルク・メナード イルネージュ クリームを愛用。メナードをずっとライン使い。ヘアケアは月1回くらい美容院に行って、ヘアトリートメントなどケアをしている。

 

冷え対策のために熱いシャワーや湯たんぽで、身体を温める。ロケ中身体が冷えたらすぐに、楽屋で熱いシャワーを浴びる。寝る時は湯たんぽでお腹や足を温める。

 

内臓を温めるために温かいものを食べるのが好き。できるだけ自炊して温かい食事を食べるようにしている。白湯も飲む。家では少しでも多く寝たい。理想は7時間睡眠。ドラマの撮影期間でも今日は寝ると決めたら、お風呂の時間を短縮したり他のことはあきらめてとにかく寝る。

 

お風呂のバスオイル・ソルト・お風呂グッズはたくさん揃えている。

 

身体は写真集の撮影前などに鍛えたりする。あとは年に数回サーフィンに行くくらい。決めると続かないので、気が付いた時にエクササイズやストレッチをする。肩を回しながら肩甲骨をほぐす、肩甲骨ストレッチはお薦め。首を回したり、スクワットもする。

 

食欲を我慢できないタイプなので、野菜スープを作って撮影現場に持っていき、お弁当と一緒に食べる。野菜スープは3食分、別々のタッパにつめている。

 

ストレス解消法はできるだけゆっくり眠る事。時間がある時は最近ハマッているサーフィンをする。体型キープのために正しい姿勢を保つことを心がけている。時間があればジムで体幹トレーニングもする。

 

休日はトレーニングに行ったり、自宅でDVDを見ながらインナーマッスルを中心に鍛えている。

 

毎日食べるものは決めていないが、唯一よく食べるのはにんじんサラダ。ディル・ツナ・美味しいオリーブオイル・レモン・塩こしょう・マヨネーズで和えれば完成。

 

美容のために食べ続けているものや欠かさない運動はない。心がけているのは何でもまんべんなく、ということ。食事は大切だし、食べることは大好きなので、お腹を満たすだけという食べ方はしない。旬を大事に自分の身体が置かれた状況に合わせて、食べたいものを食べる。

 

撮影期間は特にエネルギーが必要だから、朝食を何回もとることも。身体が欲しているのにセーブするのは良くない。朝は旬のフルーツを数種類カットして仕事場に持っていき、朝食として食べる。ビタミン・ミネラル・酵素がとれる。

 

習慣として食事はよく噛んでゆっくり時間をかけてとる。ボディケアで大事なことはとにかく保湿すること。せっかちな性格なので、入浴後に肌なじみの良いオイルやボディクリームをとにかく早く塗っている。

 

メイクで重視していることはツヤ感と立体感。ベースメイクを重視していて、できるだけ薄くノーパウダーで素肌感や立体感を生かすように心がけている。メイクでよく使うコスメは、ブラウン系のアイシャドウ。色をしっかりのせるというより、目のフレームや立体感、ツヤっぽさを強調するような使い方が多い。

 

美容のお手入れで決めていることはない。でも無意識に続けているのは自己分析。肌の調子が良い時や肌が疲れて見える時に、行動や状況をさかのぼって原因を探ってみる。

 

理想の肌は潤いがしっかりある肌。インナーケアで気をつけていることは、食べるもののバランスをとること。仕事の時はできるだけ野菜スープを作って、サーモス 真空断熱フードコンテナーに入れて仕事場に持っていく。

 

スキンケアのこだわりはベーシックなケアをしっかりとすること。頑張り過ぎず自分の肌と向き合って、基本的なケアを欠かさないことが大事。

 

愛用の美容グッズは体を温めるもの。撮影が続いている時はなかなか美容ケアができないが、疲れた部分を優しく温める、身体を冷やさないケアはマスト。寝る前に必ず愛用しているのはCIBONEのホットウィート。オーガニックの麦を詰めた温熱パットで、疲れも取れて安眠できる。

 

 


最新情報→深田恭子の美容法&ダイエット法
美人女優TOP→佐々木希・飯豊まりえさんなど美人女優の美容法&ダイエット法