美人女優の美容法&ダイエット法

美人女優が実践する美容法・ダイエット法・愛用品など女優別美容情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

深田恭子さんメイク法・愛用メイクコスメ

深田恭子さんメイク法・愛用メイクコスメ

深田恭子さんこだわりのメーク法をご紹介!2017年

 

深キョン顔になれる?!メイク術・愛用メイクアイテム

 

定番のメイクなど決まったものはない。一番大事にしているのはその日の肌に合ったメイク。肌が乾燥している日は血色がよく見えるメイクをする。肌の状態や髪型・ファッションやTPOなど、すべてのバランスを考えてメイクをする。メイクの中でもツヤが大事。

 

目元のメイクは赤みのあるブラウンカラーを使うと自然でニュアンスのある影が出る。アイホール全体には薄いブラウン(メナード ジュピエル アイカラー 43F)を、二重の幅には濃いブラウン(メナード ジュピエル アイカラー 57G)をのせてグラデーションを作る。下まぶたの目頭から黒目の外側まで淡いベージュ(メナード ジュピエル アイカラー N51F)をのせる。

 

ベースメイクはジュピエル メイクアップベース(しっとり)リクイドファンデーションフェイスパウダー ナチュラルを愛用。ファンデーションはごく薄く、リキッドタイプを小豆粒程度を手のひらに出して色ムラが気になる部分に最初にのせる。指に残ったもので他の部分をつける程度。ファンデはそれ以上は足さずに、足りないと思うくらいが丁度良い。

 

チークは色をのせる位置が重要。チークの塗り方は顔の中心に十字の線を引いたとしたら、その横線上にチークをのせる。のせる位置が顔の中心寄りだと可愛らしい感じで外側寄りだと大人っぽい感じ。

 

唇は肌のツヤに合わせて、健康的なツヤをプラスする。口紅の塗り方は決まっていないが、元の唇の色を1・2トーン上げてくれる口紅をつける。その後あまり色を足さずツヤを与えるグロスを重ね塗り。

 

 



合わせて読みたい人気女優
深田恭子さん30代の美肌のルール
超美人女優 佐々木希さん美容法「オイル美容にハマっていて、」
超美白肌!女優の大政絢さんボディケア法「デコルテをふっくら見せたいから、」

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »