美人女優の美容法&ダイエット法

美人女優が実践する美容法・ダイエット法・愛用品など女優別美容情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

深田恭子

2015年 深田恭子さんがコメントした美容情報

深田恭子さんが2015年にコメントした愛用スキンケアコスメやヘアケア・ダイエット法などの美容に役立つ情報を集めました。

 

愛用スキンケアコスメ

 

乾燥肌なので、毎日のスキンケアのお手入れはきちんとする。メナード イルネージュ ローションメナード イルネージュ ミルクメナード イルネージュ クリームを愛用。メナードをずっとライン使い。

 

 

 

ヘアケア法

 

ヘアケアは月1回くらい美容院に行って、ヘアトリートメントなどケアをしている。

 

 

 

健康法

 

冷え対策のために熱いシャワーや湯たんぽで、身体を温める。ロケ中身体が冷えたらすぐに、楽屋で熱いシャワーを浴びる。寝る時は湯たんぽでお腹や足を温める。

 

内臓を温めるために温かいものを食べるのが好き。できるだけ自炊して温かい食事を食べるようにしている。白湯も飲む。

 

家では少しでも多く寝たい。理想は7時間睡眠。ドラマの撮影期間でも今日は寝ると決めたら、お風呂の時間を短縮したり他のことはあきらめてとにかく寝る。

 

 

 

ダイエット法

 

お風呂のバスオイル・ソルト・お風呂グッズはたくさん揃えている。

 

身体は写真集の撮影前などに鍛えたりする。あとは年に数回サーフィンに行くくらい。

 

決めると続かないので、気が付いた時にエクササイズやストレッチをする。肩を回しながら肩甲骨をほぐす、肩甲骨ストレッチはお薦め。首を回したり、スクワットもする。

 

食欲を我慢できないタイプなので、野菜スープを作って撮影現場に持っていき、お弁当と一緒に食べる。野菜スープは3食分、別々のタッパにつめている。

 

ストレス解消法はできるだけゆっくり眠る事。時間がある時は最近ハマッているサーフィンをする。

 

体型キープのために正しい姿勢を保つことを心がけている。時間があればジムで体幹トレーニングもする。

 

休日はトレーニングに行ったり、自宅でDVDを見ながらインナーマッスルを中心に鍛えている。

 

 

 

食事法・食生活

 

毎日食べるものは決めていないが、唯一よく食べるのはにんじんサラダ。ディル・ツナ・美味しいオリーブオイル・レモン・塩こしょう・マヨネーズで和えれば完成。

 

美容のために食べ続けているものや欠かさない運動はない。心がけているのは何でもまんべんなく、ということ。食事は大切だし、食べることは大好きなので、お腹を満たすだけという食べ方はしない。旬を大事に自分の身体が置かれた状況に合わせて、食べたいものを食べる。

 

撮影期間は特にエネルギーが必要だから、朝食を何回もとることも。身体が欲しているのにセーブするのは良くない。

 

朝は旬のフルーツを数種類カットして仕事場に持っていき、朝食として食べる。ビタミン・ミネラル・酵素がとれる。

 

習慣として食事はよく噛んでゆっくり時間をかけてとる。

 

 

 

ボディケア法

 

ボディケアで大事なことはとにかく保湿すること。せっかちな性格なので、入浴後に肌なじみの良いオイルやボディクリームをとにかく早く塗っている。

 

 

 

メイク法

 

メイクで重視していることはツヤ感と立体感。ベースメイクを重視していて、できるだけ薄くノーパウダーで素肌感や立体感を生かすように心がけている。メイクでよく使うコスメは、ブラウン系のアイシャドウ。色をしっかりのせるというより、目のフレームや立体感、ツヤっぽさを強調するような使い方が多い。

 

 

 

美容法

 

美容のお手入れで決めていることはない。でも無意識に続けているのは自己分析。肌の調子が良い時や肌が疲れて見える時に、行動や状況をさかのぼって原因を探ってみる。

 

理想の肌は潤いがしっかりある肌。インナーケアで気をつけていることは、食べるもののバランスをとること。仕事の時はできるだけ野菜スープを作って、サーモス 真空断熱フードコンテナーに入れて仕事場に持っていく。

 

スキンケアのこだわりは、ベーシックなケアをしっかりとすること。頑張り過ぎず自分の肌と向き合って、基本的なケアを欠かさないことが大事。

 

愛用の美容グッズは体を温めるもの。撮影が続いている時はなかなか美容ケアができないが、疲れた部分を優しく温める、身体を冷やさないケアはマスト。寝る前に必ず愛用しているのは、CIBONEのホットウィート。オーガニックの麦を詰めた温熱パットで、疲れも取れて安眠できる。

 

 


最新情報→深田恭子の美容法&ダイエット法

 

 

 

 

2014・2013年にご紹介した深田恭子さんきれい情報

深田恭子さんが2014年2013年にコメントした美容情報をまとめました。

 

2014年

 

普段はすっぴん。メイクは、やりすぎないのが良い。あまりポイントを作らない。やりだすとアイラインを長くしたいとか目をぱっちりさせたいとか思ってしまうが、メイクは完璧の少し手前くらいがちょうどいい。自分が見ている鏡の近さでは誰も見ていないから、細かいところに集中してメイクするより、全体の雰囲気を大切にする。だからアイラインに凝るよりは、きちんと肌作りをする。

 

 

 

2013年

 

肌が弱いので基本的なケアを丁寧にして、それ以外はやりすぎないのが私のお手入れの基本。美容のこだわりは、クレンジングと洗顔を丁寧に行うこと。仕事が終わったらすぐにメイクを落とす。クリームで時間をかけてメイクを浮かせたら、たっぷりの泡で洗顔。スペシャルなケアをしなくてもそれだけで、肌状態は違ってくる。スキンケアも大事だが、肌を休めることも大事。休みの日はすっぴんで肌を休める。

 

美容やダイエットなどで決まりを作りすぎない。リラックスすることが大事。家にいるときは野菜をとるなど、栄養バランスを考えて食事をする。野菜が好きで、特に好きなのはブロッコリー。いつも食べている。茹でる時は塩を使わないことが多い。

 

健康に良いと聞けば色々試すタイプ。最近は朝湯船に浸かりながら、グリーンスムージーを飲むのが日課。

 

ダイエットのためにカーヴィーダンスをする。家ではDVDで、仕事現場では思い出して、カーヴィーダンスをする。休みの日は樫木先生のスタジオに行く。

 

歩くことが好き。体型を維持するためによく歩くし、トレーニングもする。ただ食事だけ気をつけて運動はしないとか、ダイエットは何かひとつに偏らない様に気をつけている。全てに関して、バランス良く生活する。インナーマッスルを意識して、身体の軸を身体の中から引き上げるような感じで、良い姿勢を保つ。

 

食事は、食事の時間だからとお腹が空いていないのに食べることはない。基本的に食べたい時に、身体の欲求にしたがって食べたいものを。ただしゆっくり時間をかけて食べる。

 

基礎化粧品が好き。中でも信頼しているのはメナード イルネージュライトとオーセントクリーム。イルネージュラインは優しい使用感ながら、肌がしっかり潤う。オーセント クリームは、つけた瞬間に肌が変わるのを実感できる。その保湿とハリ効果でリピートしている。

 

 


最新情報 深田恭子の美容法&ダイエット法

2005~2012年 深田恭子の美容法&ダイエット法